昭和50年生まれのおっさんが思ったこと感じたこと

昭和50年生まれのおっさんがニュースやテレビなどを見て思ったこと感じたこと

マイティ・ソー バトルロイヤルを吹き替えで鑑賞

ゴールデンウィークでヒマなもんですからTSUTAYAで4枚レンタルすると1000円のサービスを利用して借りた1枚、マイティ・ソー バトルロイヤルを吹き替えでみました。

昔は字幕で見ることが多かったんですが40歳を過ぎた頃から文字を目で追うのがめんどくさくなって吹き替えで見ることが多くなりました。今回も吹き替えで鑑賞しました。

ヘラ役の天海祐希は声がバッチリあっていました。違和感なかったです。コーグの金谷ヒデユキもぴったりでした。ボキャブラにでていた替え歌の金谷ヒデユキだったんですね~。

以下の内容ですがネタバレも含まれています。

最近はウィキペディアをみると話のあらすじがわかってしまう場合があります。今回もハルクが出てくるのは事前に知ってしまったため、おぉ!という驚きはありませんでした(涙

個人的にはアベンジャーズではソーとハルクが好きなので今度ユニクロで販売されたTシャツは買おうかと思っていますが、おっさんが着るには若すぎるかも。

今回おっさんが気になったのはヴァルキリー役のテッサ・トンプソンです。しゃべるシーンではセクシーな口びるが気になって集中できませんでした。この女優さんはクリードにも出ていたんですね。あとからウィキペディアを見て気づきました。クリードも良い映画でした。なんせロッキー4とか映画館で感動した年代ですから。

この映画につながる作品としてブラックパンサーがありますがまだ見ていません。

またクレジット後にアベンジャーズ:インフィニティ・ウォーでソーが帰ってくるとあったのでどのような形で出てくるのか楽しみです。ゴールデンウィークは映画館は混んでいると思うのでインフィニティ・ウォーは少し間を空けて見に行こうかと思っています。

映画のテンポですがちょいちょいコメディっぽい”間”がありました。見やすくてよかったんではないでしょうか?テンポも良かったですし。ソーが雷を扱い、ツェッペリンの”移民の歌”が流れるシーンはかっこよくてストレス解消にもってこいかと思います。