昭和50年生まれのおっさんが思ったこと感じたこと

昭和50年生まれのおっさんがニュースやテレビなどを見て思ったこと感じたこと

週刊エコノミストの表紙に次の主戦場は音声

週刊エコノミストの表紙にパソコン、スマホの次の主戦場は「音声」とあったので気になったので読んでみました。主にAIスピーカー市場について書かれています。

たしかに最近テレビのCMでも見かけることが多くなりました。AIスピーカーの最大大手はAmazonのアマゾンエコーだそうです。次はグーグルホームだそうです。世界の大手IT企業がAIスピーカーの新製品を投入しているとのこと。

検索という文化を定着させたGoogleですが、今度は音声による違った便利な世界を構築しようとしているのでしょうか?

スマホの次は?といろいろな雑誌で特集されていますがどうなんでしょ。便利すぎるのもどうかなと思う部分もあります。とか言いながら私もしょっちゅうスマホを見ていますし便利だと思います。ただ野生の勘が無くなりそうな気もしないでもないです。

AIスピーカーの登場でAmazonは音声広告の研究をすすめているらしいですが、確かに検索でGoogleだけっていうのは偏ってますよね。なんでもかんでもGoogleに頼るよりかはAmazonとかに頑張って欲しいです。

音声広告ってどんなものなんでしょうか?ラジオに流れるCMみたいな感じ?ていうことは人工知能を持ったラジオみたいな。頭が良くないのでわかりませんが、”支配”されないように気をつけて生きていきたいと思います。