昭和50年生まれのおっさんが思ったこと感じたこと

昭和50年生まれのおっさんがニュースやテレビなどを見て思ったこと感じたこと

ドキュメンタリーTheREALリックフレアーを観た感想

昨日はスカパー関連が無料開放していたので「ドキュメンタリー ~The REAL~ リック・フレアー “Nature Boy”と呼ばれた男の生き様」を観ました。

 

リック・フレアーといえば新日派で40すぎの私としては一番印象的だったのは猪木との戦った北朝鮮の試合です。

 

80年代の活躍はホーガン派だった私は余り知りません。ただ偉大なレスラーというのは知っています。ただどのように偉大だったのか?なぜこんなに長期間トップでいるのか?なぜこんなに人気があるのか?、今回の番組を観て知りました。

 

番組はリック・フレアーの生い立ちから始まります。家族とは折り合いが悪かったとか。全寮制の寮に入って男子寮でパーティーがあるとき、2階の窓から素っ裸のフレアが”ようこそ!”なんて女子生徒に向かって言ってたとか。この頃からパフォーマーの才能があったんでしょうか。プロレスラーらしいエピソードです。

 

バーン・ガニアの合宿の様子もありました。非常階段を人を担いで上り下りとか受け身1日1000回とか。えげつない練習量です。いままでアメリカのプロレスラーはあんまり練習していないと思っていましたが私の思い込みでした。

 

プロレスは八百長ですか?という質問に若い頃は腹が立ったがいまは”八百長ではない、演出だ”と答えていました。

 

転機は飛行機事故で死にかけたことからバディ・ロジャースのネイチャーボーイからヒントを得たことからだそうで。知らないエピソードがどんどん出てきます。演出にはとことんこだわったそうです。”いかに別人格になるか?”と。

 

インタビューや過去の映像の中でフレアーのマイクパフォーマンスが出てくるんですか、かっこいいです。こんな男になりたいって男は思うでしょう。スヌープ・ドッグも出てて、売れて遊ぶ様子はヒップホップでも影響を受けたやつは多いって言ってました。

 

かっこよかったフレアのセリフは

 

”男になるには真の男を倒せ!WOOO!”

 

”私はお前たちの神だ WOOO

何かを信じたければ私を信じろ WOOO!”

 

”トカゲ革の靴にロレックスの時計

外にはリムジンが待っている

25人の美女が首を長くして待ってるんだ!WOOO!”

 

”キス泥棒でリムジンを乗り回す策士 WOOO!

自家用ジェットで飛び回る色男 WOOO!

ネイチャーボーイだ WOOO!”

 

こんなん、ド派手でセクシーなレスラーがテレビで言ってたらたまりませんな。おっさんの私でも今見たらかっけー!って思いますもん。

 

他に気になるエピソードは

  • 毎日500回のスクワットをしていた
  • 見た目の強さよりも持久力に重きをおいた
  • 小さなバーに行って137人分のカクテルを注文し女性客に振る舞いステージで踊っていた
  • レスラー達が飛行機で移動中、靴と靴下とガウンのフレアーが現れてガウンを脱ぐと素っ裸で”WOOO!”と叫んだ
  • スティング「彼ほどパンツを脱ぐ男を見たことがない」
  • 今までだいた女性の数は?→「一万人。最低だろ?」とニヤリ
  • HBK「リックは素の自分を愛していない」
  • パンチをしても当たらないように糸を垂らして3年間殴る→最後には糸が動かないようになった
  • レスラーに必要な条件は?→テクニック、俊敏性、頭の回転が速いこと
  • なんでそんなに受け身を?→やられまくったら次も見に来るから
  • スティング「彼は試合中おしみなく育ててくれた」
  • ホーガン「彼には勝ちたいというエゴがなかった」
  • HHH「すべてを手に入れたが不安定な生活」
  • シャーロットの活躍が今の生きがいだ
  • 故リード・フレアーには毎日謝っている
  • 72~99年の間は家に帰っていない
  • カウンセリングに行って今の生活状況をいうと医者がぐったりしてしまった

 

妻から見たリック・フレアーのことも多く番組内では語られています。

 

女性がこの番組を見ると違った感想が出るかもしれません。男がみるとこんな生活してみたいなぁなんて思うでしょう。