昭和50年生まれのおっさんが思ったこと感じたこと

昭和50年生まれのおっさんがニュースやテレビなどを見て思ったこと感じたこと

40歳を過ぎてダイエットを決意した翌日につけ麺大盛り

40歳を過ぎたらころからお腹のたるみが出てくるようになりました。いつも通りの食生活ですが代謝が落ちてきたのかお腹がぽっこり出てきました。太ってくると明らかに周りの対応が変わってきます。見下された感じになることが多くなるかもしれません。真面目なことを話していても「デブがなにか言っている」みたいな空気になることがあります。

最近このような小バカにされた空気を感じることが多くなってきたのでダイエットをしようと思い、いろいろ調べてみると筋トレをすると良いということでダンベルを買って始めてみました。

ただ久しぶりにした運動の影響なのかいつもよりもお腹が空いてダイエットをした次の日の昼食はつけ麺大盛りでした。体重も逆に増えてしまい、なんだかな~と思うことも。

このような思いをしないためにもなるべく食欲を抑えるためにいろいろ調べてみると食べる順番が大事ということでまずは野菜サラダを食べることに。

しかし無駄な抵抗でした。どうしてもお腹が空きます。食事を減らしてもあ~カレーライスが食べたい、あ~チャーハンが食べたい、あ~ハンバーグが食べたいと思うことも。

精神的にストレスを溜めるとコルチゾールというのが分泌されて筋肉に良くないというのを見かけましたが、本当のところどうなんでしょ。40歳を過ぎたら筋肉もほっておいたら少なくなるとも言われていますし。遺伝的に糖尿になりやすい体質みたいですし。

筋トレして食制限して...という王道のダイエットが一番と思いますがやはり人間の考えとして楽してお腹を引っ込めたいと常々考えております。

腹筋するのも意味ないという説もあれば、使う部分には脂肪がつきにくいという説もあります。

最近良く思うことですがネットで調べれば調べるほどドツボにはまっていく気がします。

なにが正解なのか?しかし正解なんて無いという考えもありますし。体重を減らすだけなのにウジウジ悩んでいる始末であります。