昭和50年生まれのおっさんが思ったこと感じたこと

昭和50年生まれのおっさんがニュースやテレビなどを見て思ったこと感じたこと

5月4日レスリングどんたくでジェリコの乱入にびっくり

5月4日レスリング2018が福岡で開催されました。私は新日本プロレスワールドで観戦しました。

インパクトがあったのは第6試合のロスインゴVS鈴木軍の試合後です。

試合終了後、内藤が帰ろうとしたときにBUSHIのマスク、ロスインゴのパーカーを着た男がいきなり襲いかかります。おいおい!スタッフ誰か止めろよ!と思いつつ、もしやこれは??と思っているとリングに上がり、マスクを脱ぐとクリス・ジェリコでした。

いや~驚きました。しかもゴングを使った攻撃で内藤は出血して血だるまに...この流血が影響したのか現在5月5日の午前7時ですがまだこの試合はタイムシフト配信されていません...あんなに出血したのは久しぶりに見ました。内藤の顔がグレートムタみたいになってました。

大阪城ホール内藤哲也VSクリス・ジェリコは決定するのでしょうか?記者会見はおそらく月曜日にあると思いますが今から楽しみです。

このほか、IWGPJrタイトルマッチでオスプレイが勝利した後、タマ・トンガが出てきて背後からボーンソルジャーが。以前からボーンソルジャーの映像は流れていたものの今日発表する感じですね。マスクを脱いだら石森太二でした。てことはベストオブスーパージュニアに出場するのでしょうか?

メインはオカダが勝利していました。好きな選手は棚橋ですが今回はオカダが勝つと思っていました。矛盾していますが...試合内容も熱くなるものがありました。今も昔も棚橋の試合は感情移入しやすいです。オカダのレインメーカー一発で試合は終わりました。

試合後、オカダは次の挑戦相手にケニー・オメガを指名してケニーとリングの上で対峙しました。試合内容は時間無制限3本勝負に決定するというサプライズが。

大阪城ホールのチケットはもう取れないかもしれませんね(汗)大サイン会だけでも参加しようかと思った土曜日の朝でした。