昭和50年生まれのおっさんが思ったこと感じたこと

昭和50年生まれのおっさんがニュースやテレビなどを見て思ったこと感じたこと

DIMEの国産ブランド腕時計特集で気になったのがSBGT241

30歳を過ぎた頃から腕時計に興味をもつようになりました。当時はロレックスが欲しかったです。10年以上前に比べるとロレックスの価格がすごい上がっていますね。あの時買っておけばよかったと後悔しています。ブライトリングやオメガもすごい価格が上がっているのでびっくりしています。

DIME6月号の表紙にグランドセイコーが載っていたので読んでみました。グランドセイコーと言えば芸能人では南海キャンディーズの山里さんや加藤浩次さんが好きなんだそうです。

気になる記事ですが国産3大メーカー特集になっています。セイコーシチズン、カシオです。グランドセイコーは9Fクオーツの特集です。掲載モデルは25周年の限定モデルSBGT241、かっこいいですね~好きがない感じで海外メーカーにはない雰囲気が良いですね。やっぱり曜日と日にちがわかるのが良いですね。もちろん曜日は日本語で。

シチズンは衛生電波時計F900CC9076-50Eです。最近はブラックのつや消しみたいな腕時計が人気があるみたいですね。腕に衛生からの電波が来るというのは男にはたまらんロマンチックな機能ですね。宇宙とつながっている感じが。

カシオはフルメタルの5000系のGショックが紹介されています。これはかっこいいですね。よく売っている5000系は1本持っているんですが、スーツ以外ならどんな服装でもあうので重宝しています。でもこのメタルならスーツにも合いそうですね。モデルの名前はGMW-B5000D-1JFです。定価は6万円ですけど、なかなか売っていないみたいで一部ではプレミアム価格になっているという噂もあります。

あとはバーゼルワールド2018で発表された注目の腕時計が紹介されています。個人的に気になったのはブライトリングのシンプルなナビタイマー8オートマチックです。40歳を過ぎてからは視認性が良い腕時計が好きです。特に文字盤の数字はアラビア数字で表示されている方がわかりやすいので好んでつけています。